沖縄移住生活のあれこれを解説。沖縄の仕事や経済、政治まで幅広い情報発信をしています。
Pocket

どこまでも続く青い海。青い空。宝物のような環境を、父の転勤で捨てた小学校2年生の春。

本土での生活に慣れ、沖縄に帰ることを頑なに拒み続けた若かりし頃。「こっちで一旗上げるまで帰れない。」
「沖縄は自分には狭すぎる。」そんなことを嘯きながら肩肘を張ってストレスにまみれて過ごしたビジネスマン時代。

故郷沖縄を離れて既に41年。転機は急にやって来ました。

尖閣問題が勃発。急に故郷の行方が気になりだしました。

本土で沖縄の情報に接していると、故郷沖縄が今すぐにでも中国化されるのではないかとあせりだし、おまけにつきあっていた彼女の夢が沖縄移住。

これはもう沖縄に帰るしかない。人生の最後は故郷沖縄の為に貢献できれば本望だ。そんな壮大な思いを胸に緊急Uターン。

Uターンと言っても幼い少年時代に離れて、早や41年。帰ってみると、もはやそこは外国。別世界。見るもの、触るものすべてが新鮮。

たまに帰郷はしていても、住むとまったく違う感覚。これはUターンというより、もはや移住の感覚。

でも、あんなに帰ることを拒んでいた若い頃に想像していた故郷とは違い、住んでみると相当住み心地がいいことに気づきました。

ウチナーンチューなのに、本土人のふりをしている人のことを蔑む言葉が「島ナイチャー」。蔑視の言葉だけど、今の自分の状況を表すのに、これ以上に最適な言葉はないので、その言葉を甘んじて受け入れましょう。ちなみにナイチャーが沖縄に移住しても、ずっとナイチャーらしいですからあしからず。

長年故郷を留守にしていた島ナイチャーが、外から見た沖縄を、住んでみて気がついた沖縄を、政治・経済・文化のあらゆる面から語っていきます。

沖縄移住を考えている人も、島に閉じこもって一歩も出ていない人も。是非、是非、ご愛読をいただければ嬉しく思います。

では、はじまり。はじまり~。

 

追伸:このブログの執筆者に彼女がくわわってくれました。「素敵な沖縄生活」というカテゴリは彼女の執筆です。

是非、読んでくださいね~。

Pocket

Blog

日米ジョイントコンサートで大興奮

日米ジョイントコンサートが沖縄市民ホールで開催され、観にいきました。沖縄移住仲間が参加したためです。日米ジョイントコンサートは自衛隊と在沖米軍での合同演奏会。日米の合同演奏からスタートし、米軍の激しい演奏、自衛隊のおしとやかな演奏。そして最後は合同演奏と、すごく楽しいひとときを過ごしました。

日米ジョイントコンサートパンフレットの表紙

沖縄祖国復帰は歴史上画期的な事件

沖縄祖国復帰43年記念大会に参加しました。辺野古をめぐりサヨク運動が激化する中でも多くの真の県民が集まり、祖国復帰を祝いました。大会前のパレードは人生初体験で、多くの賛同者からの激励が心に染みました。

沖縄祖国復帰

沖縄移住コミュニティのビーチパーティ

沖縄移住者のビーチパーティを開催しました。みんなフェイスブックがきっかけで集まったメンバー。不思議な縁です。沖縄移住という共通の経験がベースなので、話も弾み、とても楽しいひと時でした。

沖縄移住 ビーチパーティ

ビーチパーティ道路案内地図

TweetPocket ビーチパーティの会場案内道路地図 会場:宮城島の某ビーチ 道路地図:グーグルマップでも …

IMG_5879

沖縄へ移住して2周年

沖縄へ移住してきて今日でちょうど2年になりました。夢の移住生活ですが、つらいこと、苦しい時期もありました。でも「冬来たりなば春遠からじ」と言うように、とても清清しい気持ちで今日を迎えました。

沖縄の二重虹

無料レポートプレゼント中

「今さら聞けない。ネット集客はじめの一歩」
▼今すぐクリック

google+

PAGETOP