Pocket

那覇市から58号線で北上。シーサイドリストランテ

北谷を過ぎたあたりに左手に看板が見えてくる嘉手納マリーナ「シーサイドリストランテ」は、米軍基地内にありながら、唯一、日本人が立ち寄れるシーサイドレストランです。

シーサイドという名前の通り、嘉手納の西海岸に面していて、レストランの隣にはビーチもあります。

米軍基地の敷地内にありながら、入り口に米兵の警衛所もなく、スルーで進入が可能です。

シーサイドリストランテの店内に入ると、そこに広がるのはアメリカそのもの。

案内してくれたのは、アメリカ人ウエイター。シーサイドリストランテ

「インサイド or アウトサイド」

私にもわかる英語で尋ねられました。

「アウトサイド」

自信を持って答えた私に、笑顔で「OK」と答えたウエイター。

ちゃんと通じたようです。

シーサイドレストランはアウトサイド、すなわちバルコニー席がオススメです。

バルコニーの向こう側に海が広がっている為です。

沖縄は海に囲まれていて、波風がすごく強いのでアウトサイドでも、自然の波風で非常に涼しいです。

アメリカ人に囲まれて食事

日本人が入れると言っても、圧倒的に多いのがアメリカ人。恐らく米兵が家族連れで訪れるのだと思います。

シーサイドリストランテ今日も周りを完全に米兵家族に囲まれました。日本人は私達だけでした。

白人の子供はお人形さんみたいでめちゃくちゃ可愛いです。

思わず連れて帰りたくなるほどです。

子供なのに英語の発音がめちゃくちゃいいです。←当たり前かぁ。

米兵は体もでかく、いかついのですが、娘にメロメロなお父さんが傍で見ていて、子煩悩な様子がとってもいい感じでした。

米兵家族と遭遇したいなら、シーサイドリストランテは最適です。

シーサイドリストランテでは、日本円も使えるのですがお釣りがドルで帰ってきます。クレジットカードも使えるので、カード払いがいいかもしれません。ここはアメリカなので15%ほどのチップは帰りに置いていった方がいいです。シーサイドリストランテ

バルコニーの外側下が海になっていて、余ったパンなどを魚のエサとして放り投げるのがエチケットです(^^;)

パンが投下された瞬間、魚のパン争奪合戦が始まります。

白人の子供達に混じっての魚見物は楽しめます。

今日はちょうど夕方に訪れたので、キレイな夕陽と遭遇しました。

嘉手納マリーナは西海岸になるのでサンセットがキレイです。

シーサイドリストランテ嘉手納マリーナの隣にネーブルカデナというショッピングモールがあるのですが、その裏にある野外ステージでコンサートのリハーサルが行なわれていたようです。

どうやら明日開催される「うたの日コンサート」というイベントのリハのようで、大音量の歌声がシーサイドリストランテにも聴こえて来てました。

今日は爆風スランプ、ポルノグラフティがリハで歌ってました。

沈み行く夕陽を眺めながら聴く音楽もいいものでした。

このコンサートには沖縄出身のビギンも出るようです。

コンサートには予定があり行けないので、ちょうどよかったです。

外人さんはあまり関心がないようでした。

シーサイドリストランテのオススメ料理

ランチで一番オススメなのが、ハンバーガー。

本格的なミンチ肉がボリューミーに挟まれ、某フランチャイズチェーンのハンバーガーとは一線を画しています。

リストランテ料理   リストランテ料理

写真 11

ディナーメニューではパスタとステーキがオススメ。

リストランテでは、飲み物はお代わりし放題。

そして、いつもメインディッシュ前に来るパンとサラダでお腹いっぱいになってしまいます。

おまけにメインディッシュの量が非常に多いので、帰る頃には腹がパンパン。

女性の方はひとつの料理をシェアした方がいいかもしれません。シーサイドリストランテ

帰る頃には日も落ちて、夜はライトアップされて、とてもキレイでした。

ウエイターやウエイトレスには日本人も多いので、英語がしゃべれなくても全然問題ありません。

沖縄に来たなら是非、お立ち寄り下さい。

沖縄の異国情緒。アメリカを体感することができ、料理も美味しいレストラン。それがシーサイドリストランテです。

 

シーサイドリストランテ

Pocket