Pocket

本日、7月4日はアメリカの独立記念日。アメリカ独立記念日

米軍で何か記念行事があるかと思ったら、先日の嘉手納基地フェスタが、独立記念日を祝うフェスティバルだったようです。

▼沖縄嘉手納基地フェスタへ行きました!

本日は「沖縄の中のアメリカ」を訪ねてブルーシールアイスクリームと北谷のスターバックスに出かけました。

アメリカ独立記念日

 

お昼は久茂地にある「もとぶ牧場」で焼肉ランチを食べました。

アメリカ独立記念日とは無関係でしたね(> <)

肉がとっても柔らかくて美味しかったです。

それもそのはず、もとぶ牛は2013年度全畜連肉用牛枝肉共進会の黒毛和牛去勢牛の部で日本一にあたる最優秀賞を沖縄牛で史上初めて受賞したそうです。

余談ですが、ウチの近所にも牛小屋が山ほどあります。ここの牛は闘牛のようで、うるま市は闘牛が盛んなところだったようです。

知らない間に日本一の牛を食べてたようで、そりゃ美味しかったです。肉だけでなく、タレも最高に美味しかったです。

アメリカ独立記念日

北谷のスタバはいつもアメリカ人でいっぱい

本日はアメリカは祝日だったようで、平日にもかかわらず、街中で多くのアメリカ人家族を見かけました。

米軍基地内にある米兵家族のお宅では、BBQをやっている姿が多く見られました。

アメリカ独立記念日

沖縄の中の米の象徴       ブルーシールアイスクリーム

アメリカがかつてイギリスの植民地だったことは、歴史では習いますが、今の国力を考えると、アメリカがいかに短い期間で発展をしてきたかがわかります。

数多くの移民を受け入れ、自由と民主主義の旗印を掲げ、世界の警察という責任も担うことも厭わなかった為に、これだけの急速な国の発展がもたらされたと考えられます。

アメリカを見ていると世界中の人が共存共栄できるというモデルケースであり、壮大な実験国家だと思います。これまでは比較的うまくいき、経済大国にもなったのですが、アメリカ国内ではやはり民族主義が勃興し、○○系アメリカ人同士で街を作り、国家よりも民族の利益を追求するような動きが増えているようです。

オバマ政権下のアメリカも内政にばかり目を向け、世界の警察国家としての役割を放棄しようとしています。

世界がグローバル化しボーダレスになってきているのに、一国の利益のみを念頭に置いてしか行動できなければ、時代と逆行すると思わざるを得ません。

そうであるからこそ、国力も落ちてきたと思わざるを得ません。

「公」より「私」を優先する国や個人には天運は味方しないのかもしれません。

ビジネスマンとしても、こうした天運を味方につけるには、やはり「公」の為に役に立てる働きをしなければならないと思います。

私自身も天運を味方につけるためにも、今後も有益な情報提供をしなければと感じた独立記念日でした。

Pocket