Pocket

最近、沖縄のマスコミは一面トップが辺野古のことばかり。

▼沖縄辺野古反対キャンペーンに騙されるな!

辺野古でのボーリング調査が始まると、プロ市民達が暴力的手段で妨害を企てていることを擁護しています。

反対派プロ市民は、国が正式に決定し、沖縄県が承認した辺野古移設を潰そうときちがい(基地外)のようになっていますが、多くの沖縄県民は冷ややかに見ています。

ところが、沖縄マスコミはこれらプロ市民ばかりの言動を報道し、多くの心ある県民をミスリードしようとしています。

今朝の沖縄タイムスの一面トップもやはり沖縄辺野古問題。

プロ市民が妨害活動を行なおうとボートで近づくと、それを排除しようとする海上保安庁の船が阻止をします。

その海上保安庁の排除に法的根拠はあるのかと、新聞はこれまで紙面で疑問を呈してきました。

それについての海上保安庁からの回答が今朝の新聞に掲載されていました。

沖縄タイムス

それによると「(プロ)市民排除の根拠法律は刑事特別法」であるというわけです。

この法律の適用には米軍も同調しているという内容でした。

その事実を報道しており、今回の記事は割りと冷静に報じているのかなと読んでいました。

ところが、社会面を見ると、以下の通り。

沖縄タイムス

「強権なら県民反発」

どういうことか中身を読んでみますと、要するに「刑事特別法に基づく検挙」を強権により行なえば県民が反発するという内容。

どういうことでしょう!

どちらかというと「強権」を発動しているのはプロ市民の方でしょう!

海保は、プロ市民達が「違法に」反対活動を行なうことに「刑事特別法を適用」して排除しようとしているだけで、そこに強権を発動する意義は、プロ市民が強引に、暴力的に、危険に活動を行なおうとする時に限られると思います。

デモや反対運動は民主主義国では当然認められています。

しかし、自分達の思うとおりの主張が通ってないからといって暴力で阻止するのは完全に違法行為です。

その違法行為を擁護する、つまり、犯罪者をかばう沖縄マスコミっていったい・・・。

沖縄タイムスは法治国家を否定するのでしょうか?

そして、「県民反発」って、私達県民は沖縄タイムスにこの問題について付託した覚えもないし、反発するわけもありません。

沖縄タイムスはまるで県民を代表しているような、相当おごった書き方に感じるのは私だけでしょうか?

新聞はもちろん独自の主張を掲げても構わないのですが、法を犯すことを擁護したり、読者を扇動、ミスリードをするのはやめてほしいと思います。

Pocket