Pocket

ここ連日、沖縄の新聞、テレビのトップニュースは常に辺野古です。

他に重大ニュースもあるだろうに、辺野古一色です。

そして辺野古に関する報道は、辺野古移設反対運動の取材ばかりです。

中立であるべきテレビは反対派のインタビューばっかり写します。

法治国家で、法に基づき、県民が選んだ県知事が最終的な移設判断を下しました。

それなのに、マスコミはプロ市民の反対運動を後押しし、辺野古移設反対キャンペーンにより、県民の賢明な判断を操作しようとしています。

法を犯そうとしているのは、反対派の連中です。

移設を暴力的に妨害しようとしています。

彼らは、自分達の意見を通すためには、謀略の限りを尽くし、事実を捻じ曲げ、でっちあげや捏造と、最後には暴力に訴えます。

ネット時代になり、彼らのやり方が白日の下にさらされてきています。

普天間からの基地移転の推進を行なってきて、ようやく普天間を辺野古に移すというのになぜ反対なのでしょう?

目的は「普天間の危険の除去」じゃなかったのでしょうか?

沖縄辺野古

「世界一危険な小学校」の捏造

聞くところによれば、普天間空港のすぐ近くにあるために、世界一危ないとされていた普天間第二小学校の移転話が二度、具体化したところで、二度とも反対派市民の反対により立ち消えになったそうです。

意味が分かりません。

小学校が移転してしまえば、反対運動に水を差すため、「世界一危険な小学校」と彼らが政争の具に使ってきた称号が使えなくなるため。

その為の移転反対なら、小学生の命をもてあそんでいるとしか思えません。

そんな彼らが今はジュゴンの命を守れと訴えています。

子供たちの命を担保にした反対運動っていったい誰の為の、何の為の運動なのでしょう?

むしろ、実は「世界一危険な小学校」は、彼らが作り上げた捏造なのかもしれません。

彼らは普天間が危険だから、移設をしなければという純粋な気持ちがあるわけではありません。

沖縄辺野古

とにかく何でも反対。

沖縄米軍基地の負担を軽減する為の、オスプレイの一時的な配備を佐賀空港へ移設する。

彼らにとっては朗報のはずの、このニュース。

ところが、今度は佐賀に行って反対運動です。

彼らの本当の意図を知らなければなりません。

それは、やはり、米軍の撤退でしょう。

米軍が撤退して一番喜ぶ国があります。

確認はしていませんが、彼ら反対派は、この国から資金をもらっているのでしょう。

そして、反対運動を仕事として行なっているのでしょう。

沖縄マスコミも同じかもしれません。

もう善良な市民は騙されてはいけません。

先日、慰安婦問題や吉田証言の記事を取り消して、謝罪しても開き直っている朝日と同じ穴のムジナ。

ネット時代に真実がどんどん明らかになって来ています。

これらの事実を多くの人の伝えましょう!!

「ジュゴンが住む海を汚すな」の捏造

私は沖縄生まれの本土育ち。

約40年後に沖縄へ移住してきた立場として、気がついていることがあります。

「沖縄県民は海を埋め立てるのが大好き」です。

那覇周辺はもちろんのこと、糸満、与那原などの南部地域は、埋め立ててばかりです。

埋め立て地に住宅を作っています。

この40年で埋め立てはかなり進んでいます。

私が子供の頃に住んでいた古波蔵という地域、うちの目の前は本土では決して名前を呼ぶことがはばかれる「漫湖」という湖がありました。

→ 決して声に出して読んではいけません(^^;)

子供心にそこは広大な湖でした。

ところが、今では、この漫湖は川になっています。

埋め立てたのです。

沖縄県民は埋め立て、開発が大好きです。

おかげで沖縄本島の海は汚れました。

まあ、他県に比べたら、まだまだ非常にキレイな海が広がっていますが。

沖縄辺野古

要は埋め立て大好きな県民が、「ジュゴンが住むキレイな海」を埋め立てるな!とは説得力がありません。

おまけに、ある軍事評論家によると、地元の人は誰も辺野古の海でジュゴンを見たことがないとのこと。

反対派だけにジュゴンは見えるのかと不思議がっていました。

それに、「ジュゴンの命を守れ」と叫んでいますが、万一、そこにジュゴンが住んでいたとしても、基地が建設されればジュゴンもお引越しをすることでしょう。

「ジュゴンの命よりも人の命」

これは、普天間基地近くに掲げられたポスターの文言です。

「仲井真さんありがとう」

普天間基地の移転を決断した当時、同じく普天間基地近くで掲げられたポスターの文言です。

そう、地元、普天間の宜野湾市民は普天間から辺野古への移転を大歓迎しているのです。

仲井真知事の英断に感謝しているのです。

おまけに地元辺野古区民は条件つきながら9割が賛成しています。

こういう人達がいることを無視して、マスコミはまるで県民全員が辺野古移設反対をしているかの印象操作をしています。

これらマスコミの所業には気をつけなければなりません。

今秋の知事選は、辺野古移設を具体的に進めてくれる知事に一票を投じなければなりません。

沖縄県民の賢明な選択に期待

このまま本当に辺野古移設を暴力的に潰してしまうと、米軍は沖縄から出て行くかもしれません。

かつてのフィリピンの二の舞を演じてはいけません。

フィリピンでも反米運動が高まり、恐らく左翼勢力の浸透、機運の高まりが米軍撤退に結びついたのでしょう。

フィリピンから米軍が撤退したとたんに、南シナ海での中国の進出を許し、領土の実効支配をもたらしてしまいました。

フィリピンは学びました。

米軍の再誘致を決断したのです。

沖縄は米軍が撤退すれば、自衛隊の駐留を増やさなければなりません。

そして、有事には自衛隊がちゃんと国を守れるように憲法改正を行い、軍隊として位置づけなければなりません。

左翼やマスコミ、マスコミの空気にのっかって辺野古反対を叫んでいる人たちは、米軍撤退の後のことを何も考えていないのでしょう。

憲法改正には時間がかかるので、今は米軍にいてもらうのが沖縄防衛の為には必要なのです。

情緒に流されて大局を見失ってはいけません。

左翼勢力は巧妙に、情緒に訴えて、私達の大事な沖縄を他国に売り渡す手先を増やそうとしています。

それが、今回の辺野古移設反対大キャンペーンの正体です。

沖縄の地方紙2紙やテレビニュースは、まるでどこかの政党の主張を掲載しているような論調です。

比較できる全国紙がない為、惑わされてはいけません。

いつの間にか刷り込みをされている危険性を疑わなければなりません。

今秋は必ず、辺野古移設に反対することに反対する知事に投票をしなければなりません!!

Pocket